中庭でのボールトスも終わり
いよいよ華やかな披露宴タイム!

04 01 - ショーてきな、フェスてきな06

開場まで
会場の前で皆でウエルカムドリンクを

ってやっぱりウエルカムドリンク出てくると
華やかですよね

04 02 - ショーてきな、フェスてきな06

ウエルカムドリンクとともに
おっしゃれ〜なウエルカムフードも

いいな〜

こういう時間特別に感じますよね

04 03 - ショーてきな、フェスてきな06

ウエルカムつながりで
こちらがウエルカムボード

二枚のウエルカムボード
左はオープニングムービーを撮ってくれた新郎のいとこが撮ってくれた写真。

見ました?
左下スペースワールドですよ
んで他の写真は長崎にある出島表門橋なんですが、

なんでこの橋?って聞いたところ

「出島って、
その当時の日本で唯一の世界と繋がれた場所だったんだと思うと、感慨深くて。
自分とは違う考え方や、生き方をしてきた人達と繋がれる場所の象徴として、個人的に好きで
この橋が架かったのが、
のぞみさんと出会った年だから、
2人の橋が架かった年という意味でも、
その橋で何かしたいというのも、私の思い入れ」
という新郎の答えがありました〜

それを聞いて新婦のんちゃんが
「そういう意味があったんや〜」って
いいね〜
こうして後にして話をしていってもあたらしい発見!!

あとあと思ったのです
これはオープニング撮った1日の中で撮ったんでしょうね。

色々な土地を周りながら撮った写真でしょうね〜
楽しくて、そして思い出に残る1日になったんだろうな〜

 

んで右は前撮りで撮った写真。
上の写真にはさきほどボールトスで投げたボールが

このボール実はすっごい大物のサインが書いてあったと聞いています
もらわれた方最高ですね!!

04 04 - ショーてきな、フェスてきな06

その他の装飾

その中でも一番きになるのは
やはりこちら

04 06 - ショーてきな、フェスてきな06

美女と野獣

会場のいたるところに美女と野獣

「ん?
美女と野獣の結婚式ってこと?」
って
参列された方がこの時間にそわそわしてました 笑

でもその中でも
女性から
「お色直しのドレス、黄色かな〜」なんて声も

そういう想像できる装飾って楽しいですよね
お色直しに関しては
またおいおい

04 42 - ショーてきな、フェスてきな06

さて
受付ですが
受付は両家の親戚がになってました

ちょうど写真を撮ってる時に
新婦側の受付をしていた新婦のんちゃんのお兄さんと弟さん二人から声が

「もう少しゆっくり受付してもらえますか・・・」

この時
目の前で受付している人が誰で
そしてその人がお願いされていたお車代の人なのかどうなのかの確認をしながら
消し込みをどうやってしていこうか・・・みたいな
てんやらわんやらの瞬間でした 笑

04 43 - ショーてきな、フェスてきな06

受付も順調に進み

04 47 - ショーてきな、フェスてきな06

皆さんのところに行くと
さきほどのウエルカムボードやら装飾を写真に撮る方も

 

 

一方この時に
新郎がふら〜っとでてきてました。

04 48 - ショーてきな、フェスてきな06

会社関係の方のところへ

04 49 - ショーてきな、フェスてきな06

新郎オオクラさんとは
私にとって高校の時の友人です

高校の時の友人がどんな社会人なのかとかは見る機会が
結婚式の時ってなること多いと思います。

しかし、オオクラさんはきっと同級生みんなだと思いますけど
「きっとオオクラさんはオオクラさんのままなんだろうな〜」って

その通りの感じを受けました。

人に気を使いながら
でも使っている雰囲気を出さず
みんなを盛り上げているような

ま、実際のところはわからないので、
想像ですけどね 笑

04 56 - ショーてきな、フェスてきな06

受付が終わっていたので
新婦側の受付のお兄さんと弟さんで写真撮りました〜

新郎側は何やら計算されてたのでお声がけ控えさせました〜〜〜

 

04 58 - ショーてきな、フェスてきな06

あ!
ここにも美女と野獣!

この時点でお色直しが楽しみなのっていいですよね

 

 

さ〜て
皆さん会場に入りますよ〜

04 59 - ショーてきな、フェスてきな06

いや〜
まず第一に
スタッフさんが明るくて
感じよかった

皆さんに笑顔で
今回担当させてもらいます!!!

っていうのを各テーブルで感じよく伝えてましたね〜

04 60 - ショーてきな、フェスてきな06

装飾もよく

いいねいいね!

 

04 61 - ショーてきな、フェスてきな06

あ、
新郎がこだわって作った
席次表を見てますね〜

席次表については
別途記事作ろうかな〜

それか、この記事に追記にしようかな〜

 

ま、
またそれはおいおい

 

 

ではでは

いよいよ次回は二人が入場です〜