更新が遅くなってしまいました。

今回の写真教室4名の方に来て頂きました。
目的も似ていて、
・子供、人、犬(動くもの)
・花、料理、髪の毛(動かないもの)

そして思った以上に反応の良かったのはデータの残し方ですね。
これに関しては別途考えていけたら今後につながると思っています。

さて、宿題を頂いたのでお答えしたいと思います。

  • EOS kiss X50の露出設定ステップの変更
  • プリンターと紙の話
  • 暗い写真
  • メモリーカードリーダー

上記の4点ですね。

ひとつひとつ答えていこうと思います

EOS kiss X50の露出設定ステップの変更

説明書の218ページに記載がありました。

んで、この「カスタム機能」って何?ってなるんですが、
それは数ページ前に記載がありました

menuボタンから入ると設定が変更できるそうです。
やってみてくださ〜い。

プリンターと紙の話

今私が使っているのはエプソンのEP-10VAです。

このプリンターを選んだのはヤマダ電機に行った際に型落ちで安くなっていて、その上A3サイズを印刷できるという点でした。

しかしながらこのプリンター、設定に少し癖がありましたが、向き合って色々な設定をすると色も画面通りでますし、何よりも細い線がきちんと出るところが気に入っているところです。

値段が少しはるのでオススメです!とは言いにくいですが、色々ご自宅で印刷して遊ぶ事はできると思います。


紙の話ですが
紙は富士フイルムさんの絹目長が今一番好きな紙です。

高い紙はいくらでもありますが、値段と質感が気に入っています。

暗い写真

最後に見せていただいた暗い写真に関しては、
露出補正を-2程度で撮って(場合によりますが)
黒を黒にして、そして明るくしたいものだけに光があたっている状態にする
その上でsnapseed等で仕上げていくとできると思います。

実際にやってみますので、少し時間をください。

メモリーカードリーダー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エレコム USB3.0対応メモリリーダライタ MR3-A006BK
価格:2598円(税込、送料無料) (2019/10/26時点)


実際に私が使っているメモリーカードリーダーです。

参考にしてみてくださ〜い。